他界

 ドルヲタもでんぱから入ってはや4年。一時期は熱心に通うてたとか、そのために遠征してたにも関わらずもう行っていないアイドルさんも多い。

 

 でんぱ・妄キャリ・2ねん8くみ・DEEP GIRL・神宿・drop・まねき・StereoTokyo・某ミスID……

 他にも推しかけてやっぱり無理ってなったのもいくつか。

 

 他界した理由っていろいろあってなかには単に飽きたってのもあったけど

 ・運営のレベルの低さ(まともな情報発信できない。曲がどれもうすっぺら、みたいなん)

 ・そこのヲタクが嫌だ

 が圧倒的に多い。

 

 ヲタクの質については厄介を出禁にできない、あるいはピンチケ厄介ホイホイみたいな曲しか用意できない運営にも問題あるから広い意味では上2つとも運営の問題なのかもしれない。

 

 嫌いなヲタクいるなら自力で排除すればみたいなツイート見かけたことあるが、そんな面倒なことするなら他の楽しい現場いくよ。お陰様でアイドル過剰時代、変なヲタクが少ない現場かてあるんやし。

 

 ちなみにこんなヲタクがのさばってたんで他界決めたシリーズ

 ・「#クソ客がいる生活」並みになんであんたが相手されんねんみたいな非常識デブの女ヲタヲタがいつも最前で視界塞いで、偉そうに物販列を仕切っている。

 ・けっこう混雑してるオルスタでカップのアルコール持ってうろうろして人に酒かかるとか気にもとめず、女ヲタ見かけるとツイッタアカウント聞き出して繋がろうとする

 ・無差別的にうんざりするほどさんざんセクハラリプを送っといて「なんで干されるのかわからない」とほざくデブ

 ・運営が1人しかいなくてチェキの撮影してるのに会場全体に響き渡るほどスタッフの名前をわめいてチェキ券買わせろって叫ぶ汚い金髪のヲタク

 ・自分はチェキ撮り終わっての帰路で知り合いのヲタク見つけて狭い通路の道塞いで延々と立ち話しているオッサン

 ・ライブの曲中にべらべら関係ないことくっちゃべってる金髪ピアスピンチケども

 

 一方で一瞬にしてアイドル本人に冷めたのもいくつか

・親密なDMのやりとりしてるのを晒すようなヲタクと繋がってた、人を見る目ないアイドル

・ピンチケヲタクと繋がったアイドル

・宿題チェキ2ヶ月放置しといてアイドルに命掛けてるとか言いだすアイドル

・まっとうな質問の返事を催促しても放置するアイドル

 

 

告白

f:id:eicie:20180127095904j:plain

↑このブログの正しい読み方

 ワシはモテない。どこにでもいそうな印象薄いタイプやし。それは充分自覚してる。
 だから人生で告られたのって2回しかなかった。(男に口説かれた1回は除く)
 その2回も中学校のときで付き合うってことの意味すらわかってなかった奥手少年やったんでデートとかもせずなんとなくそのまま終わってしまった。



 それまでその子(仮にみーちゃんとしておく)とはちょくちょくバカ話することはあったし、仲良くはしてた。けど恋愛感情ってまるでなくて。

 たまたま飲み会の場でなんか元気なさげやったんでどしたん? って聞いてみた。
「ちょっと悩んでて」
「金ならなんともならんけど恋の相談なら乗るで?実はオレ、宝塚市売布神社辺りでは愛の伝道師って呼ばれてたから」
「なに、それ?」と彼女は笑って「うん、好きな人できたんだけどどうしていいかわからなくて」と続けた。
「相手はどんな感じ?脈あるかどうかくらいわかるやろ?」
「多分脈はない。嫌われてはいないと思うけど」
「そっか。でもうだうだ悩んでるくらいなら告っちまいな。だいたい好きって言われて嫌な気持ちになるやつおらんから。それまで気にしてもなかった相手でも ちょっとは気になってくんねん。そりゃクソデブとかブサイクなら気持ち悪がられるだけやけどみーちゃんなら大丈夫や。付き合えるかどうかは別問題やが言わずに後悔するよりは絶対ええって!」
「そうか。そうかな」
 彼女は意を決した色を瞳に浮かべて僕をまっすぐに見た。
 迂闊にもこの瞳を見るこの瞬間までまったく気づかなかった。彼女が好きな相手が誰なのか。
 もう次のセリフはわかっていた。そして僕の予想通り彼女は呟いた。

「あなたのことが好き」

 飲み会の場で周りの誰も聞いていなかったのは不思議だ。もしかしたらあの時、彼女は声に出さず唇だけでそう言ったのかもしれない。そのあたりは記憶に自信がない。

 正直そこからの僕はこれにどう返答すべきか灰色の脳細胞を全力で回転させていて、言われたことを脳に焼き付けるひまなどなかったからだ。

 それが人生3回目の告られた経験。

 帰り道。彼女の告白については話題にせず、そして別れ際に僕は彼女にキスをした。

 大人になって告られたのはその1度しかないからやっぱり記憶に残っている。
 今思い出すとちょっとくすぐったくて甘じょっぱい。

最終回 ゆるめるモ!と過ごした1年なんちゃら

f:id:eicie:20180121112037j:plain


 

 今更ながらタイトルについてやけど、モ!は続いていくし今後も行くつもり。このブログで言うわいのゆるめるモ!はあくまで6人めるモ!のことです。そこんとこよろしう。

 まずブログお引っ越ししたのでこのシリーズの過去分貼っておきます。

 

ゆるめるモ!と過ごした1年8ヶ月 - パーティーピーポー(ただしタコ焼きパーティみたいな)

第2回 ゆるめるモ!と過ごした1年8ヶ月 - パーティーピーポー(ただしタコ焼きパーティみたいな)

第3回 ゆるめるモ!と過ごした1年8ヶ月 - パーティーピーポー(ただしタコ焼きパーティみたいな)

第4回 ゆるめるモ!と過ごした1年8ヶ月 - パーティーピーポー(ただしタコ焼きパーティみたいな)

第5回ゆるめるモ!と過ごした1年8ヶ月 - パーティーピーポー(ただしタコ焼きパーティみたいな)

第6回 ゆるめるモ!と過ごした1年8ヶ月 - パーティーピーポー(ただしタコ焼きパーティみたいな)

 

<本文ここから↓> 

 レッポコに移籍してからの千歳ちのちゃんには正直さほど会いに行ってない。新木場で燃え尽き症候群になったのと遠征ばかりしてたのでお財布休めなきゃってのもあり。
 それにね。
 レッポコの曲、刺さらなかった。いい曲なんよ。でもいい曲で終わった。もちろんわいの中での話やけど。
 イントロ流れただけで偏差値下がるぞわっとくる曲、モ!やとスキヤキや眠たいCITY、マニュアル。ヤナミューならANY、LILY。オサカナでいけば夜空を全部、夜間飛行みたいなん。そういう曲がなかった。

 でも最大の理由はヲタク。あの2人の姿見るだけで楽しさが半減した。下手したらマイナス。多分客数が300超えてきたらキモさが薄まってモ!のときみたいに現場の楽しさ>キモさやったんやろうけどレッポコ現場では悪目立ちしすぎで。
 お金も時間も使って行くんやもん。そりゃ楽しい現場優先。

 ちーちゃんもレッポコ行ってどことなく貫禄出てきて。モ!のときの一番歳下で、かわいいよりかっこいい系の曲と振りに無理やり付いていってますみたいなギャップ萌えはなくなった。
 多分ちーちゃんはレッポコの曲の方が合うてるやんけど、わいはあえて合ってないのを無理しながら演じるちーちゃんが好きやったんやろなって思う。ドS。(だからOnlyYouで振りなしの曲が気持ち悪かった、っていう脱退理由の一つがすごく納得できた)

 そんなわけでレッポコへの熱量はさほど上がらず。それでもアイドルの中で一番好きなのはちーちゃんってとこは変わらんかったけど。

 レッツ忘年会、レッポコ喫茶ともに思い出あるけどそれは割愛して。


 崖っぷちーちゃん最終回。これが実質ゆるめるモ!ちーぼうラストになったのかな、と思う。

 

 レッポコ解散ライブはチケット取ったけど行かなかった。ちーぼうの最後は見届けた感強いから千歳ちののラストはちの推しにまかせて。

 崖っぷちでは逃げろ、さよならばかちゃんと歌詞間違えながらも(笑)歌ってくれて、客もちーぼうコールして。
 MCのグダグダさもライブの締め方もゆるくて。
 あったかい、とてもあったかい現場やった。

 懐かしいちー推しのヲタさんもたくさん顔見れた。
 ちゅみちゅみちゃんやちゅりあちゃん、りなたろちゃん、こまちちゃんあたりも見たかったけどそれはしゃーなし。

 強くて古参のゆるヲタさんもようけ見に来てたよね。他推しの人はちー推しに前を譲って後方で見るって気を使える人ばかりで(最前にいた1名除いて)そんなところもゆるめる現場今後も行こうって思える、特別な現場なんよね。

 ばかちゃん流れたときは一瞬うるっときて、泣くかなって思ったけど泣かなかった。
 なんか今でもアイドル引退って実感ないのと、多分戻ってくるでしょっていうのと。
 そう、ちーちゃんと虹コンののたはそのうち戻ってくるって楽観視してる。根拠はない。

 でんぱでドルヲタにはなったけど、遠征するとか1日2ステージ両方行くとか私物サインもらうために同じCD買うとかいうことに抵抗なくなった、いわゆるドル沼に嵌ったのはちーちゃんがいたから。
 もし2014年の11月、モ!初現場であのちゃんが休んでなくてちーちゃんと接触してなきゃ人生変わってたんかなって思う。
 
 だから

 やっぱり

 ……

 ……

 

 

 

 寂しい(とあのちゃんのパクリで締める)

 

 おしまい

 

(おまけ)それでもヲタクは回っている

 ブログ、FC2使いにくかったんでこっちにお引っ越し。いうか戻ってんけどね。

 向こうで上げたのも暇見つけてそのうちこっちに貼り直しますわ。

  面倒なのでリンク貼っとく

 

(前編)それでもヲタクは回っている2017VER. - パーティーピーポー(ただしタコ焼きパーティみたいな)

(後編)それでもヲタクは回っている2017VER. - パーティーピーポー(ただしタコ焼きパーティみたいな)

 

 

 で、2017年回数はそんな行ってないけど印象に残ってるアイドルちゃんなど

 

 今後も行きたいなっての

 まず①ゼアゼア

 ベルハーの時代から何度か見てる。曲は好きなの多いんやがヲタちゃんの熱狂についていけんのとPのメンバーに対する態度あまり好きくないので距離置いてきたんやが。

 なに!!新メンバー!!!ちゃあかわいい!好み。

f:id:eicie:20180115182413j:plain

 みずほさんも戻ってきたことやし後ろの端っこで見てみよう。

 

・・・・・・・・・

 ドッツトーキョー 

f:id:eicie:20180115184717j:plain

 おこめさんが絡んでる時点でおちゃらけかと思うてたらマニアックやった(笑)グループメインでメンバーは意図的に個性を消し人数さえも流動的っての実は初期の少女隊がコンセプトとして掲げて、けど実現したのはおニャン子クラブであり48Gなのでそこは目新しくもない。でもシューゲイザー、ノイズは確かに目新しい。

 バンドサウンドメインで聞くのヤナミューくらいでその他のデスボ系アイドルはまったく受け付けないわいでも聞けた、楽しめた。また大阪来てたら見に行く。

 でもわい、アイドルにはかわいさも求めているので顔わからんままがっつり推すことはないな。

 

 

こっから別格

  ----------------------------------------------<キリトリ>-------------------------------------

 

 ③木村沙織2017全国ツアー

 いやもうね、グループ名からイっちゃってるやろ(笑)

f:id:eicie:20180115174449j:plain
f:id:eicie:20180115174457j:plain

 曲もええねんけどMCがネタとして完成されてて、むっさ楽しいライブやった。

 ライブ中バレーボールずっと預かるという大役を仰せつかった。ようつべで1分53秒あたりで受け取ったのわいです!!

 碇ポルシェさんが最前ドセンに構え「オレ石田Pのヲタクだから」などと語っていたのも印象深い。

木村沙織全国ツアー2017「最終公演 ~THE FINAL GAME~」2017.03.05

 共演してたボグリ坊主さんの一曲終わるごとのドスの利いた「ありがとうございます」とメログリちゃんという組み合わせもぶっ飛んでて、今思い返してもなんか夢のように感じる。

 木村沙織ちゃんとチェキとる大人をニコニコ眺めていたボクリ坊主さんになぜ明らかに場違いなこの現場に出たのか聞いてみたい気もした(笑)

 

そして真打ち!!!

かわいい応援団

f:id:eicie:20180115185136j:plain

 一回目見れなかったのが今でも悔やまれる。

 崖っぷちーちゃん最終回のプレゼンターとしてステージ上がったときちーちゃんが「アイドルよりかわいい2人が登場して……」みたいに言うてて思わず「その通り!!!」ってガヤ入れたくなった。

f:id:eicie:20180115185138j:plain
f:id:eicie:20180115185142j:plain

                      なぜかななぽんちゃんでなくあぐりちゃん

 ここのとこななぽんちゃんがまったく消息不明で元気でやってればええんやけど。
ななぽんちゃんの喋り方も声もどこか艶っぽくて好きやっただけに3人揃ったかわいい応援団が見たい。

 クマリ、わーすたときて今度はタスク考えてたっていうから選曲もほんまにセンスある。自分らの可愛さを引き立てる曲ばかり。見たくね?かわいい応援団の3WD。

 

おしまい